02:56 2020年05月30日
政治
短縮 URL
166
でフォローする

北朝鮮と韓国が互いに砲撃を行ったことを受けて、韓国の全軍が最高レベルの警戒態勢に入った。聨合ニュースが報じた。

聨合ニュースが軍関係者の情報として伝えたところによると、「17時4分(モスクワ時間で11時40分)から全軍が最高レベルの警戒態勢に入った」という。

聨合ニュースは韓国軍関係者の話として、北朝鮮軍が現地時間で20日15時25分ごろにロケット砲とみられる砲弾1発を京畿道(キョンギド) 漣川郡(ヨンチョングン)付近に発射したと報じた。韓国軍は北朝鮮軍のロケット砲発射地点に155ミリ砲弾数十発を応射したという。

聨合ニュースによると、韓国軍に被害はなく、砲弾は山の方に落下したと見られている。

北朝鮮軍は、韓国側が再開した北朝鮮軍の士気を落とすことを目的とした北朝鮮向け拡声器を狙ったものとみられている。これより先、北朝鮮は、韓国が拡声器による対北朝鮮心理戦を再開した後、韓国が用いている心理戦の手段を破壊すると警告していた。

現在、韓国国家安全保障会議が地下シェルターで会合を開いているという。

韓国のマスコミによると、砲撃があった地域の近くに住む人々は緊急避難している。

なお北朝鮮は今回の事件について今のところ沈黙している。

タグ
北朝鮮, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント