04:12 2018年06月24日
金正恩

クリンツェヴィチ露下院議員、北朝鮮体制を武力で変換させれば全世界が破局に

© REUTERS / KCNA
政治
短縮 URL
130

ロシア下院(国家会議)、国防委員会のメンバー、フランツ・クリンツェヴィチ議員は、朝鮮半島の現在の危険な状況を調整するためには、米韓がまず、北朝鮮の体制変換を武力で図ろうとする試みは地域戦争だけでなく、全世界を巻き込んだ深刻な破局をもたらすという事実を認識することが第1に必要との見解を表している。

軍事境界線のある板門店では23日も、両国間の危機解決にむけた南北朝鮮間の交渉が再開されている。クリンツェヴィチ議員は記者団に対し、「軍事紛争回避の目的で南北朝鮮間での交渉が行われていることは手ばなしで歓迎すべきこと。これが十分に高いレベルで行われており、仲介者が存在しないことは非常に喜ばしい。もちろん、北朝鮮が全く無実だという考えからは私は遠いが、それでもこの具体的状況で北朝鮮は紛争を軍事衝突へとエスカレートさせることは少しも望んでいないと思う」と語っている。

クリンツェヴィチ議員は、朝鮮半島では大戦争が回避されねばならないと語り、ロシア側からは適切な警告が「すでに外交ルートを通じて必要な人物らに送られている」ことも除外していない。

韓国、北朝鮮の潜水艦の扇動を憂慮
© REUTERS / Hong Hae-in/Yonhap
南北朝鮮間の関係は8月20日、軍事境界線の西側で互いに砲撃を行ったことから緊張化している。韓国側は、最初に北朝鮮側が韓国の拡声器が設置されている場所をめがけて砲撃を行ったと断言している。韓国はこれに報復し、北朝鮮の方角に対し、数十発の砲撃を行った。北朝鮮は韓国に対し、48時間以内に拡声器撤去を完了するよう最後通告を行ったものの、韓国は、その条件には合意できず、放送を続行すると強調している。最後通告の期限は8月22日17時で切れている。

 

 

関連:

韓国、北朝鮮の潜水艦の扇動を憂慮
南北朝鮮 和平交渉を続ける
南北朝鮮、緊張緩和についての交渉開始
北朝鮮、韓国を正式名称で呼び、協議について報道
駐ロ北朝鮮大使、韓国が境界線上でどのような放送を行っているかを明かす
南北朝鮮、危機打開のためハイレベル会談を行うことで合意
タグ
北朝鮮, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント