01:02 2020年07月10日
政治
短縮 URL
1187
でフォローする

ロンドンのエクアドル大使館に3年間かくまわれているWikiLeaks創設者ジュリアン・アサンジ氏は、大使館建物から出たところを狙って暗殺されることを恐れている。インタビューでの発言。

メディアとの通信中、アサンジ氏は、大使館を出る事は「あまりにも危険」であると考え、この3年間、「一度も陽の光を浴びず、新鮮な空気を呼吸していない」ことを認めた。 「身の危険があるためバルコニーに出て行くことができない」とアサンジ氏。大使館が爆破される可能性すらあるという。

一方でアサンジ氏は、エクアドル大使館を出ることを決めたとしても、銃殺されることはないだろう、とも語っている。氏が何より恐れているのは米CIAによる「ドローンを伴う攻撃」または拉致であるという。

関連:

米NSA、安倍首相や日本の大企業に諜報を行っていた―WikiLeaks
TPP合意は国営企業に民間企業と同様に行動する義務を負わせる– Wikileaks
WikiLeaks:EU内の外交官らはTPPを中国と抗争を起こすために米国が仕掛けたプロジェクトと見ている
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント