20:30 2018年01月24日
東京+ 2°C
モスクワ-6°C
    ラヴロフ外相、キエフの衝突事件が示す教訓、急進主義者と戯れてはならない

    ラヴロフ外相、キエフの衝突事件が示す教訓、急進主義者と戯れてはならない

    © Sputnik/ Sergey Pyatakov
    政治
    短縮 URL
    1120

    9月1日、ラヴロフ外相はモスクワ国際関係大学の学生らと懇談を行った。ラヴロフ外相は学生らとの懇談で西側との関係、「イスラム国」対策、ウクライナ情勢について語った。

    ラヴロフ外相は8月31日、キエフ最高議会の付近で起きた警察と抗議市民の衝突についてコメントしたなかで、ロシアは数年前にすでにウクライナのラディカルな「自由」党について指摘していたと語った。ウクライナ内務省は昨日の事件は「自由」党に責任があるとしている。

    ラヴロフ外相は「急進主義者とはいかなる場所でも決して戯れてはならない」と述べ、EU代表らが「マイダン広場」の事件後、すぐに「自由」党のオレグ・チャグニボク氏を「手を組む相手ではない」と判断したにもかかわらず、自由党が組閣に入ると、これと和解したと指摘した。

    ウクライナ憲法改正案の採択に反対した集会での衝突では治安維持機関の職員3人が死亡、140人以上が負傷している。

    タグ
    セルゲイ・ラブロフ, ウクライナ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント