10:56 2020年10月22日
政治
短縮 URL
2291
でフォローする

第2次世界大戦の教訓は世界での軍事紛争の発生を最小化するために必ず記憶されなければならない。プーチン大統領は北京での習国家主席との会談でこう述べた。

プーチン大統領は、ロシアと中国の両国民は「占領者が一時的な占領地でいかに無慈悲な行動をとり、これにより数え切れぬほど多くの犠牲者がでたか」について、忘れてはならないと強調した。

プーチン大統領は、「だが我々がこれを記憶していなければならないのは、この先同じようなことが繰り返されないためです。私はパレードでのあなたの演説を注意深く拝聴し、これがあなたの演説の、中国国民にそして世界中の人々にむけた重要なメッセージだと思っています。まさに将来、大きな軍事紛争が起こらないようにするため、軍事紛争の発生を最小化するためにあらゆる手を尽くす必要があるのです」と語っている。

タグ
歴史, ウラジーミル・プーチン, ロシア, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント