04:29 2018年10月18日
米国防総省 ロシア空軍と米空軍が同等になったことを認める

米国防総省 ロシア空軍と米空軍が同等になったことを認める

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
政治
短縮 URL
1110

ロシア航空宇宙軍は、米空軍からの技術力の遅れを克服した。14日、米欧州空軍司令官のフランク・ゴレンツ大将が記者団に対し、このような考えを示した。

最近、ロシア空軍に航空宇宙軍が創設された。ゴレンツ氏は、このような新たな試みとロシア軍の近代化についてコメントし、ロシア軍は質と量の向上に成功したとの考えを示し、「彼らが能力の差を克服したと述べることが物議を醸すとは思わない」と述べた。

これは、ロシア製の航空機や、十分に保護された領域を形成する能力にも当てはまるという。(ゴレンツ氏はその例としてロシアの西の飛び地カリーニングラード州やクリミアを挙げた)。ゴレンツ氏は、ロシア軍がこのような地域から、北大西洋条約機構(NATO)に加盟する複数の国の空域の一部を制御する能力などを持っていることを認めた。

ゴレンツ氏によると、米空軍は訓練の質を向上させる必要があるという。ゴレンツ氏は、「我々が、『冷戦』中に行ったような訓練を開始しなければならないことは明白だ」と述べた。なおゴレンツ氏は、軍事訓練計画の詳細については明らかにしなかった。

タグ
露米関係, ロシア軍, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント