05:20 2018年01月23日
東京+ 0°C
モスクワ-10°C
    ペスコフ報道官「プーチン大統領は常に対話の扉を開いている。オバマ大統領ならなおさらだ」

    ペスコフ報道官「プーチン大統領は常に対話の扉を開いている。オバマ大統領ならなおさらだ」

    © Sputnik/ Alexei Nikolsky
    政治
    短縮 URL
    0 60

    ロシアのドミトリイ・ペスコフ報道官は「プーチン大統領は、オバマ大統領との対話のために扉を開いているが、今のところこの件に関しては合意がない」と伝えた。

    ペスコフ報道官は、記者団に次のように述べたー

    「これは、全く相互性の問題だ。ロシア側からの用意は、以前もあったし今もある。プーチン大統領は、常に対話の扉を開いている。相手がオバマ大統領であればなおさらだ。」

    これに先立ち、ユーリイ・ウシャコフ大統領補佐官は、ニューヨークでの9月の国連総会の場で、ロ米首脳会談が実施される可能性はあるかとの質問にコメントし「今のところ、会談に関する米国側からの要請は届いていない」と答えている。

    国連総会は、国家元首、首相そして外相が出席するハイレベルのもので、9月28日から10月3日にかけて開かれる。

    前回4か月ぶりに行われたロ米首脳会談は、ロシア側のイニシアチブによる電話会談で、6月末の事だった。オバマ大統領は、新聞New York Times,のインタビューの中で、この会談についてコメントし「プーチン大統領からの電話で元気が出た。我々は、シリア問題もウクライナ問題も話した」と述べている。なお両大統領が最後に直接会ったのは、昨年春のオーストラリアでのG20サミットまで遡らなければならない。

    タグ
    バラク・オバマ, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント