20:55 2017年08月20日
東京+ 27°C
モスクワ+ 30°C
    ロシア、シリア問題協議を米国防総省に持ちかけ

    ロシア、シリア問題協議を米国防総省に持ちかけ

    © Fotolia/ KLimAx Foto
    政治
    短縮 URL
    0 732120

    ロシアは露米軍事担当省間でシリア問題を話し合う協議を開くことを米国側に打診した。ケリー国務長官が明かした。ロイター通信が伝えた。

    APによれば、これはラヴロフ外相が15日の電話会談でケリー長官に持ちかけた話。ケリー長官によれば、米大統領府、国務省、国防総省は、現在この問題を検討中だという。

    ケリー長官によれば、米国としては、ロシアがシリアで何をしているのか、正確に理解したい。ケリー長官によれば、ラヴロフ外相は、ロシアはただ「イスラム国」(ロシアでは活動が禁止されている組織)との戦いを支援したいだけだ、と語っている。

    先にケリー長官は、シリアのアサド大統領をロシアが支援することで、かえってシリア紛争はエスカレートしている、との考えを示していた。

    この何週間か、マスメディアでは、ロシアの軍人がシリアに入っており、アサド政権による「イスラム国」との戦いを支援している、との報道がなされていた。14日には、ロシアはシリアのラタキヤ市に戦車や砲台を設置し、同市の戦力を強化している、と報じられた。

    同日、米国防総省は、シリアにロシアの前線機動基地が作られている、との声明を表した。対してロシア軍参謀本部は16日、シリアに軍事基地を作る計画はないが、「何が起こるかは分からない」とする声明を出した。

    タグ
    シリア, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント