07:36 2019年11月13日
IAEA加盟国、イスラエルの核ポテンシャルをめぐる非難決議をまたしても破棄

IAEA加盟国、イスラエルの核ポテンシャルをめぐる非難決議をまたしても破棄

© AFP 2019 / JOE KLAMAR
政治
短縮 URL
0 020
でフォローする

IAEA加盟諸国は木曜、「イスラエルの核ポテンシャルに関する」決議案を又しても破棄した。決議案はアラブ諸国が第59回IAEA総会に提出したもの。

採決では43カ国が決議案に賛成し、61カ国が反対、33カ国が棄権、17カ国が欠席した。

伝統的にそうであるように、決議案には核不拡散条約への加盟や、核施設・核プログラムをIAEAの監督下に置くように、との呼びかけが盛り込まれた。

シリアのIAEA大使バッサム・アッサバフ氏は火曜、総会で登壇し、イスラエルに対し、核不拡散条約への加盟を呼びかけ、核ポテンシャルをIAEAの監督下に置くよう訴えた。イスラエルの核ポテンシャルにIAEAの監督が及んでいないことは中東をはじめ全世界の平和と安全に対する脅威である、と同氏。

タグ
核兵器, IAEA, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント