05:01 2019年11月22日
米国、キエフ支援の撤回を示唆

米国、キエフ支援の撤回を示唆

© AP Photo / Winslow Townson
政治
短縮 URL
ウクライナ危機 (346)
0 510
でフォローする

ウクライナ政権の汚職問題が解決されない場合には、米国からウクライナ政府への支援は見直される可能性がある。米国のバイデン副大統領が今日、ポロシェンコ大統領およびヤツェニューク首相に警告を出した。

「見直し」の内容は明言されなかったが、警告は厳しいトーンでなされたという。ウクライナの「ノーヴォエ・ヴレーミャ」紙がマイケル・カーペンター副大統領補佐官の言葉として報じた。
UNN(ウクライナ国営ニュース)によれば、ウクライナの汚職レベルはこの1年で20%悪化しているという。

バイデン副大統領はまた、独立を宣言しているドネツクおよびルガンスク人民共和国で選挙が行われれば、ミンスク合意が完全に破綻してしまう、との懸念を示した。

また副大統領は、「対ロ制裁を引き上げることは簡単だ。10段階中、今のはレベル3に過ぎないのだから」と述べた。

トピック
ウクライナ危機 (346)
タグ
汚職, 米国, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント