01:54 2020年10月31日
政治
短縮 URL
62
でフォローする

今日月曜日、ロシアのラヴロフ外相と岸田外相は、モスクワで会談する予定だ。

岸田外相は、滞在中、ラヴロフ外相と会談するほか、貿易・経済問題に関する第11回ロ日政府間委員会に、共同議長として出席する。

両国外相会談では、ロ日間の平和条約締結問題が、今回も主要なテーマとなる見込みだ。

これに関連してロシア外務省は、声明を発表し、その中で「ロシア側は、日本が第二次世界大戦後の歴史的現実を認めなければ、この問題における前進はあり得ない、との立場にはっきり立脚している」と指摘した。

なおラヴロフ・岸田会談は、プーチン大統領の日本訪問準備の重要な段階になると見られている。

またロシア外務省は、「ロ日両国の共同行動の潜在力が、今のところ完全に現実のものになっていない」として、今回日本との二国間協力の発展問題について討議される事に、期待感を表わした。

声明の中では「岸田外相の訪問は、一連の多面的二国間会合開始の端緒を開くためのものであり、それらの基本的課題の一つは、投資拡大に焦点を当てた、ロ日ビジネス協力の活性化である」と述べられている。

タグ
露日関係, セルゲイ・ラブロフ, 岸田文雄, 日本, ロシア