05:06 2019年11月22日
米国「誰とどのように事をなすか」を日本に説明

米国「誰とどのように事をなすか」を日本に説明

© Fotolia / viperagp
政治
短縮 URL
2022
でフォローする

米国政府は「現時点では、まず第一にロシアとは事をなしてはならない」と考えているが、同時に「ロシア政府との協力なしには、差し迫った国際問題を解決できない」という事実も否定していない。

これは、機能火曜日、米国務省のトナー副報道官が定例ブリーフィングで述べたもので、こうした形でトナー副報道官は、岸田外相のモスクワ訪問、そしてロ日間で話されているプーチン大統領訪日の可能性についてコメントした。

トナー副報道官は「自分は、プーチン大統領の訪日プランがどう組織されているかよく分からない」と認め「それゆえ、その目的と課題を知らない」と述べ、次のように続けた―
「米国はこれまでも、ウクライナ東部での行動を考慮して、今はロシアとの間で友好的に事をなす時ではないと、非常にはっきりと述べてきた。ロシアはまだ、ミンスク合意の枠内での自らの義務をすべて果たしてはいない。

また我々は過去に、ロシアと協力し作業する必要のある諸問題が存在するとも言ってきた。我々は、それに取り組むだろう。つまり、現段階では、西側はロシアとの協同行動について境界の線引きを、ある程度すべきだということだ。」

タグ
露日関係, 露米関係, 日米関係, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント