12:43 2017年08月22日
東京+ 29°C
モスクワ+ 20°C
    プーチン大統領

    メディア報道:プーチン大統領はイスラム教徒に対し「西欧の十字軍」とは異なるアプローチをとっている

    © Sputnik/ Aleksey Druzhinin
    政治
    短縮 URL
    11810320

    イスラム教の重要祭日とシリアにおける軍事作戦の前夜にモスクを開くことにより、プーチン大統領は政治的な繊細さを示した。ニコラ・ゴチエ氏がブルヴァール・ヴォルテール誌にこうした見解を示した。

    以下、ゴチエ氏の所論を紹介する。

    欧米には移民によってイスラムがもたらされたが、ロシアにおけるイスラムの歴史は多年に及ぶものである。ロシアがキリスト教を受容する以前から、カフカス諸国はイスラム圏であった。プーチン氏は「イスラム教はロシアの不可分の一部である」と主張する権利を十全に有する。

    ロシアのイスラム教はスーフィズムに近く、食品や衣料を細かく禁止し、同時に米国の後押しを受ける他のムスリム国家にゆさぶりをかける、サウジアラビアのワッハーブ派が浸透する余地のないものである。

    プーチン氏はソ連時代の政治的過ちを繰り返さないよう気を付けている。具体的には、アフガニスタン紛争のような泥沼の紛争を回避するよう気を付けている。プーチン氏は自分が「西欧の十字軍」として受け止められ、あたかもイスラムの脅威という口実のもとにシリアで戦闘行為を行うかのように見られることを避けたがっている。地政学の奥義を知る彼は、身内のイスラム教徒を落ち着かせることで、背後を安全に保つ必要があることを理解している。

    ただし、このジェスチャーを、狡猾な機略とのみ見ることは、いささか公正に欠ける。聖戦主義者らはイスラムを歪曲している、とプーチン氏は言うが、これは信じてよい。プーチン氏はロシアの伝統やロシアの文化に好意的な「ロシアのイスラム教徒」というものを創り出そうとしている。実はロシア国内のイスラム教徒は何世紀も前からそのような存在になっているのであるが。

    ニコラ・ゴチエ氏がブルヴァール・ヴォルテール誌上で以上のような見解を示した。

    タグ
    ウラジーミル・プーチン, シリア, フランス, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント