14:03 2020年07月13日
政治
短縮 URL
0 30
でフォローする

国連のパン・ギムン事務総長はロシア、米国、サウジアラビア、イラン、トルコに対し、シリア危機を解決するよう呼びかけた。

「ロシア、トルコ、米国、サウジアラビアおよびイラン。この5つの国がシリアの紛争解決の鍵を握っている。だが未だに一方の側が他方と合意に至ることはなく、現地での変化を待つのも望みがない。」パン事務総長は国連総会の全体的な政治討論を開けるにあたって、こう語った。

「4年の間、国連安保理や他の国は外交力を発揮できず、これにより危機はとうとうコントロールの域を超えてしまった。」パン事務総長はこう付け加え、さらに「シリアの状況は国際刑事裁判所で検討されねばならない」と語った。

国連本部では今日、28日、全体的な政治討論がスタートした。これは毎年の国連総会で主要なステップとなるもの。10月3日まで続く討論は、モーエンス・リュッケトフト第70回国連総会議長によって開始が宣言された。その後、パン事務総長の演説が始まっている。

タグ
第70回国連総会
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント