19:46 2018年05月21日
東京+ 23°C
モスクワ+ 18°C
    オバマ米大統領、イラン核問題での露中の役割を指摘

    オバマ米大統領、イラン核問題での露中の役割を指摘

    © REUTERS / Kevin Lamarque
    政治
    短縮 URL
    113

    オバマ米大統領は第70回国連総会の演説で、イランの核問題解決におけるロシアと中国の役割を指摘した。

    「2年間にわたって米国はロシア、中国をはじめとするパートナーらと極めて複雑な交渉に共にのぞんできた。その結果、長期的、包括的合意が得られた。これに従えばイランは核兵器を得ることは出来ないものの、平和的な核エネルギーへはアクセスができる。もしこれが実現すれば、核兵器禁止は強化され、危険な戦争が起きることもなく、我々の世界はより安全になるだろう。」

    タグ
    第70回国連総会, バラク・オバマ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント