15:16 2018年01月23日
東京+ 8°C
モスクワ-9°C
    ロシアのチュルキン国連大使

    アメリカは、ロシアが国連安保理に提案したプロジェクトの実現を阻んだ

    © AP Photo/ Seth Wenig
    政治
    短縮 URL
    0 19

    ロシア連邦のヴィタリー・チュルキン国連大使は、アメリカは、ロシアによって提案された近東における紛争の調整をおこなうという国連・安全保障理事会のプロジェクトの進展を阻んだ、と伝えた。この提案は、9月30日に採択される予定だった。

    これ以前に、アメリカの新聞ニューヨークタイムズは、ロシアの、近東にテロ集団イスラム国に対抗するための調整センターを創設するという計画についてコメントをした。このイニシアティブについては国連総会での演説の前日、アメリカのテレビ局CBSとPBSに出演しインタビューをおこなった際、プーチン大統領によって事実上、支持されたものである。

    アメリカのケリー国務長官は、日曜日のラヴロフ外務大臣との会談の中で、イスラム国との戦いにおいては、力や努力をもっと統合的に働かせなければならないと述べた。しかし反イスラム国のアメリカの首脳部は、そのような調整センターを創立することは許可されないものだと述べた。ニューヨークタイムズの意見によれば、ロシアの、シリアにおける軍事的・政治的影響がどんどん大きくなっていることは、アメリカにとって予期しないものである、ということだ。

     

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント