07:35 2019年11月13日
露大統領の演説と露米首脳会談 マスコミとSNSの注目を集める

露大統領の演説と露米首脳会談 マスコミとSNSの注目を集める

© Sputnik / Alexei Nikolsky
政治
短縮 URL
第70回国連総会 (29)
0 30
でフォローする

国連総会におけるプーチン大統領の演説と露日首脳会談が、世界のマスコミの注目を集めた。またSNSでも世界中のユーザーたちが、これについて活発な議論を行っている。

英「ガーディアン」紙は、「ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と米国のバラク・オバマ大統領が28日、シリア紛争解決をめぐって対立する意見を基盤に、衝突した。オバマ大統領は、シリア大統領の首をすげかえるために政治的改革を呼びかけたが、プーチン大統領は、現政府との協力を拒否するのはミスとなる恐れがあると警告した」と報じた。

独「ドイツ経済ニュース」は、オバマ大統領が、ロシアと協力する用意があると述べ、「テロ組織『IS(イスラム国)』に勝とうとしたが、失敗した」ことを間接的に認めた、と伝えた。

米「ニューヨーク・タイムズ」も、プーチン大統領はシリア問題で「ISと戦うための真に幅広い国際的な連合」の設立を提案し、軍事行動の調整に関して国連安全保障理事会に決議案を提出する計画を発表して、オバマ大統領の「裏をかく」ことに成功した、との見方を表した。

日本の「時事通信社」は、「米露大統領が国連本部で会談、シリア情勢について意見交換した。オバマ氏がアサド氏をシリア内戦の原因と見なす一方、プーチン氏はアサド政権を支え現在の危機を克服しようと主張。シリアでの衝突回避のために軍同士の対話を行うことで合意。内戦を政治的に収束させることでも一致した」と報じた。

ツイッター日本語版でも、プーチン大統領の演説に注目が集まった。

また複数のSNSユーザーたちは、日本メディアによるプーチン大統領の演説の取り上げ方に疑問を呈した。

トピック
第70回国連総会 (29)

関連:

肝心なのは建設的だった事:プーチン・オバマ両大統領 シリア及びウクライナ問題を討議
タグ
第70回国連総会
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント