23:44 2017年07月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 29°C
    ケリー米国務長官

    米国が立場変更:ケリー国務長官が、米国はもうアサド大統領の早期退陣を求めていないと発表

    © AP Photo/ Pool photo via AP
    政治
    短縮 URL
    34516290

    米国は、シリアでの「円滑な政権移行」を主張し、シリアのアサド大統領の早期退陣も求めない。米国のケリー国務長官が、CNNテレビのインタビューで述べた。

    ケリー国務長官は、ジャーナリストから、米国が以前アサド大統領の早期退陣を求めていたとについて質問され、「命が失われたり、報復、また復讐に関する危険性をなくすために、円滑な移行、管理された移行が必要だ」と述べた。

    また国務長官は、アサド大統領が早期退陣したら「内部を対象とした爆発」を引き起こす恐れがあり、シリアではあらゆる社会的生活が失われるだろうと指摘した。
    CNNテレビは、ケリー国務長官の発言について、ケリー氏はこのような形で米国の立場が変わったことを伝えたと指摘している。

    またケリー氏はインタビューで、シリア危機の解決にロシアを引き込むことで、米国は危機を解決することが可能になるかもしれないとの見方を表した。
    ロシアのプーチン大統領は28日、国連総会の演説で国際社会に対し、イスラム諸国が参加する幅広い国際的な反テロ連合の創設を呼び掛けた。

    関連:

    肝心なのは建設的だった事:プーチン・オバマ両大統領 シリア及びウクライナ問題を討議
    オランド仏大統領、シリアの正常化の国際連合軍は可能かつ不可欠
    オバマ氏、米国はシリア紛争解決のためにロシアと協力の構え
    国連事務総長、シリア紛争解決の義務を負う5カ国にロシアを列挙
    タグ
    米国, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント