10:50 2020年10月22日
政治
短縮 URL
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
1340
でフォローする

ロシア航空宇宙軍は「イスラム国」関連施設への空爆作戦でシリアのイドゥリブ地区にあるテロリストの本営と弾薬倉庫を破壊した。1日、ロシア国防省広報部が明らかにした。

国防省の発表では「イドゥリブ地区のテロリスト本営と弾薬庫のほか、居住区ハマ付近にある三重の防御がなされた武装戦闘司令部が破壊された。」空爆にはSu24MおよびSu25が使用され、8度の飛行で破壊が完了された。

国防省は、「空爆で直撃した結果、ホムス北部にある自動車爆弾製造工場が完全に破壊された」と発表した。

また、ロシアはシリア領内の「イスラム国(IS)」のテロリストらのいる場所を特定するため、偵察衛星や無人機を積極的に活用している。ロシア国防省が発表した。

「テロリストらの潜伏する信憑性のある情報を得、これに空爆を行うため宇宙偵察手段および無人航空機器が積極的に活動している。」

トピック
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)

関連:

ラブロフ外相とケリー国務長官 シリアに関する軍のコンタクトについて合意
ロシア上院 ロシア軍を外国で使用することを許可する決議を承認
ロ大統領報道官「ロシアはシリアで合法的に軍事作戦を行う唯一の国」
ラヴロフ外相「ロ米の共通の目的はISに勝利すること」
タグ
シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント