16:19 2019年07月16日
航空安全の専門家「マレー機MH17便墜落事故に関する国際法廷は、ウクライナの過失を認める可能性あり」

航空安全の専門家「マレー機MH17便墜落事故に関する国際法廷は、ウクライナの過失を認める可能性あり」

© Sputnik / Andrei Stenin
政治
短縮 URL
ドネツクで起こったマレーシア航空MH17便の墜落事故 (74)
0 150

13日、オランダ安全保障会議(委員会)が公表した、マレーシア航空機MH17便ボーイング777型機墜落原因に関する報告書の中では、特に、戦闘行為が行われているゾーンの上空を閉鎖しなかったウクライナ当局が批判されているが、ラジオ・スプートニクが意見を聞いた航空安全の複数の専門家も、これに同意している。

航空問題の専門家でジャーナリストでもあるティム・ヴァン・ベーフェレン氏は「飛行の安全に対する責任については、ウクライナ政府も、又マレーシア航空自体も保障すべきだった」とし、次のような考えを示した。

「自分達の領土で戦闘行為が続いている国には、飛行の安全を保障する基本的な責任がある。今回の場合、ウクライナは、上空を閉鎖しなければならなかった。それ以外に、航空会社にも責任がある。紛争は、飛行の前日に始まったわけでは決してなく、悲劇が起きるまで、明らかに状況認識が正しくなされていなかった。

航空会社の課題は、乗客を起こりうるリスクにさらさないようにすることだ。今日我々は、そうした状況をシリアで目にしている。航空会社は、紛争地を通るルート、例えばシリア上空を横切るルートは、リスクが高く、民間機の飛行を許してはならない。

私は、裁判所の決定に先んじてものを言いたくはないが、国際法廷が招集されれば、きっとウクライナ政府の職務怠慢が告発されると思う。」

同様の意見を、航空問題の専門家で大手コンサルタント会社「Grossbongardt Kommunikation(グロスボンガルツ・コミュニケーション)」の創設者ハインリヒ・グロスボンガルツ氏も、ラジオ・スプートニクのインタビューの中で述べている。

「まず第一に、これは、その国土の上を航空機が飛行する国の責任だ。国は、他の国々や航空会社に、リスクの可能性についての情報を伝え、部分的に上空を閉鎖するか、あるいは何らかの別の飛行制限を導入する義務を負っている。その他、それは、ある程度他の国々の義務でもある。例えば、米国の民間航空局は、米国の航空会社に対し、一部の国々あるいは地域の上空の通過を禁止できる。そして第三に、航空会社自体にも責任がる。彼らは、飛行ルートを定期的に分析し、しかるべき変更を加える義務がある。」

今回の事件を、航空界は教訓とすべきだ。マレーシア航空機MH17便の墜落は、危機的な状況にある地域の上空のリスクと脅威に対する評価が、今まで十分しかるべき形でなされていなかったことを示した。そうしたプロセスが、より建設的なものとなり、国家レベル及び航空会社レベルでの情報交換が、集中的に行われるよう期待するばかりである。

トピック
ドネツクで起こったマレーシア航空MH17便の墜落事故 (74)
タグ
ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント