07:47 2018年02月22日
東京+ 2°C
モスクワ-11°C
    国連、非常任理事国に日本とウクライナが選出

    国連、非常任理事国に日本とウクライナが選出

    © AFP 2018/ Timothy A. Clary
    政治
    短縮 URL
    3219

    16日、2016年から2017年の国連安保理の非常任理事国にウクライナ、エジプト、セネガル、ウルグアイ、日本が選出された。

    集票数はエジプトが179票、セネガルが187票、ウルグアイが185票、日本が184票、ウクライナは最少の177票。

    これら5カ国は来年1月1日、現在の非常任理事国で2年の期限が切れるチャド、ナイジェリア、リトアニア、チリ、ヨルダンと交代し、2016年末まで全権期限が残るアンゴラ、ベネズエラ、スペイン、マレーシア、ニュージーランドに合流する。

    国連安保理は国連の基本となる機関。国連憲章は安保理に国際平和と安全保障の維持への責任を委ねている。国連安保理は15カ国で構成されており、そのうちロシア、中国、英国、米国および仏の5カ国が常任理事国であとの10カ国が毎年の選挙で半数ずつ交代している。

    関連:

    国連 イエメンの結婚式誤爆事件の調査の加速化を求める
    国連総会元議長 収賄の疑いで逮捕
    国連、アフガン「国境なき医師団」空爆事件の捜査に米国は参加不可、米国は戦争犯罪と見なされる可能性あり
    赤十字、国連、露外務省 アフガンでの病院空爆を非難
    パレスチナ指導者 国連事務総長に国際的擁護を求める
    タグ
    国連, 日本, ウクライナ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント