10:11 2017年08月24日
東京+ 29°C
モスクワ+ 16°C
    露下院議長が乗った航空機に戦闘機が接近:ロシアはスイスの説明を待っている

    露下院議長が乗った航空機に戦闘機が接近:ロシアはスイスの説明を待っている

    © Sputnik/ Vladimir Fedorenko
    政治
    短縮 URL
    11215281

    ロシア外務省は、ロシアのナルィシキン下院議長などが乗った航空機にスイスの戦闘機が接近した事件について、外交ルートを通じてスイス側からの正式な回答を待っている。

    議員たちは政府間会議に出席するためにジュネーブに向かっていた。スイス連邦防衛局は、接近は確認作業だとし、高度3700メートルでの確認作業は一般的なもので、年間100回行われていると発表した。戦闘機は、航空機を識別するよう命令を受けたが、この航空機は実際のところ国際会議に向かっていた特別便だった。これは非外交的な行為だ。

    出発が早朝だったため、機内にいた人々の多くは眠っており、戦闘機の接近に気づかなかった人もいた。なお機体の左側に座っていた人たちは、戦闘機の接近を自分の目で目撃した。なお目撃者たちは、気持ちのよいものではなかったと指摘している。

    ロシアは航空機の乗員からの報告を受け取った。当初、戦闘機はフランスのものだと認知された。行動は迅速に実行され、駐ロシア・フランス大使が説明のために外務省に呼び出された。なおフランス国防省は、事件が起こったのは国境上空だったため、接近した戦闘機はスイスのものであると指摘した。

    戦闘機による確認作業は数時間を要した。これはスイスが説明した一般的な確認手順としては長すぎるため、疑問を投げかけた。

    フランスは、大使の呼び出しについて遺憾の意を表した。ロシアは外交ルートを通じて謝罪した。しかし、たとえこれが性急な行動だったとしても、それには理由がある。なぜならハイレベルの外交官たちが乗った航空機は、国際法によって保護されている。これは、ハイレベルの外交官が乗った航空機は、他国の島と言うことができるということだ。それは、地上でも空中でも同じだ。

    軍事専門家たちは、戦闘機F18の接近は重大な脅威であり、これは正当化されるべきであると指摘している。今度はスイスが説明する番だ。

    タグ
    ロシア, スイス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント