05:49 2018年11月20日
ロシア外務省:シリアでロシア人が死亡したという報道は、情報戦争の一部

ロシア外務省:シリアでロシア人が死亡したという報道は、情報戦争の一部

© Sputnik / Anton Denisov
政治
短縮 URL
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
2233

ロシア外務省のサハロワ報道官は21日、欧米のマスコミが、シリアでの空爆でロシア人が死亡したと報じたことについて、これは情報戦争の一部であると指摘した。

ザハロワ報道官は、モスクワで開かれた円卓会議で、「これは例えば、私たちが言っている情報攻撃だ。問題は、この非常に大規模な情報資料を準備する際に、ロイター通信は、外務省に一度も電話をしなかったということだ」と指摘した。報道官はさらに、ロシアの国家機関は、もし問い合わせを受ければ、ロシア人の死亡に関する情報を確認しなければならないが、「情報の投入は、私たちには時間がない、私たちはこれを報道しなければならないということに基づいている。だから誰も私たちに電話することさえもせず、この(電話で確認するという)モデルを使う者は誰もいない。なぜなら、(問い合わせを受ければ)、確認などのために私たちには時間が必要となり、私たちは自分たちの立場を述べる。そうすると、この情報構造が崩壊し、報じることが何もなくなってしまうことを、彼らは知っているからだ」と語った。

先にロイター通信は、「政府高官の情報筋」の話として、シリア北西部のラタキアでシリア軍の拠点が砲撃され、ロシア人3人が死亡したと報じた。なおロシア国防省は、シリアでロシア軍兵士に損失は出ていないと発表した。また在シリア・ロシア大使館もこの情報を否定し、これはいつもの情報攻撃と似ていると発表した。

トピック
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
タグ
情報戦, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント