12:33 2018年11月17日
チュルキン国連大使

チュルキン国連大使、ロシアのシリア空爆に関する米国の批判に回答

© AP Photo / Seth Wenig
政治
短縮 URL
2370

ヴィターリイ・チュルキン国連大使は、「シリアにおけるロシアの軍事行動は地域のイスラム過激派を助長している」との米国のパウエル国連大使の発言にコメントした。

まずチュルキン氏は、パウエル氏がメディアの報道を根拠に発言を行ったことへの驚きを示した。

「ワシントンやCIAや軍事諜報部が、メディアの報道を見ているというのだから、驚きだ。しかしながら、我々は彼らに、公明正大な提案を行ったのである。テロ関連の情報交換のためのセンターをイラク、イラン、シリアと共同でバグダッドに創設するから、加わってくれないか、との提案を。そうしたわけだから、今になってロシアが間違ったことをしているだとかと非難し、そのくせロシアが何をなすべきかについては何も言わず、しかもメディアの報道に依拠して空爆が何をもたらすかなどを語るというのは、相当おかしなことだ」とチュルキン大使。

先に国連安保理会合で米国のパウエル国連大使は、ロイター通信の報道を根拠に、ロシア空軍は住宅やインフラを破壊しており、ロシアのシリア作戦はむしろイスラム過激派を助長している、と述べた。

タグ
国連, 米国, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント