10:05 2017年11月18日
東京+ 8°C
モスクワ+ 2°C
    ムシャラフ元大統領「パキスタンは対ロシア戦のためにタリバンを養成」

    ムシャラフ元大統領「パキスタンは対ロシア戦のためにタリバンを養成」

    © Sputnik/ Sergey Guneev
    政治
    短縮 URL
    2113839

    パキスタンは、13以上のテログループを支援し、そのメンバーをインドに対抗させ、又タリバンを対ロシア戦に派遣した。2001年から2008年までパキスタン大統領を務めたムシャラフ氏は、このように証言した。

    ムシャラフ元大統領は、次のように指摘した―

    「我々は、イスラム運動体『タリバン』を養成し、そのメンバーをロシアとの戦いに向かわせた。タリバン、ハッカニ、ウサマビン・ラディン、ザワヒリは皆、当時の我々の英雄だった。彼らが、悪魔となったのは後の事である。

    1979年パキスタンは「戦闘的宗教過激派」への支援に着手した。「宗教的好戦性」なる専門用語は、我がパキスタンで生まれたものだ。

    1990年代、インドとの間で領有権を争っているカシミールの解放を目指す戦いが始まった。その当時『タシカル-エ-タイバ』など11から12のグループが現れた。我々は、そのメンバーを支援し、養成した。なぜなら彼らは、自分の命を懸けてカシミール解放のために戦ったからだ。」

    このように述べたムシャラフ元大統領は「現在戦闘員らは、パキスタン国内で、自国民に対する戦いをしており、これを止めさせなければならない」と認めた。

    ムシャラフ氏は、1999年国家クーデターで政権の座につき、1999年から2002年まで、まず首相を務めた。

    関連:

    アフガン タリバンからクンドゥズを奪還
    タリバン アフガン北部の州都を掌握 米軍が拠点を空爆
    パキスタン政府 タリバン指導者オマル師の死亡を伝える
    タグ
    タリバン, パキスタン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント