23:50 2017年11月22日
東京+ 7°C
モスクワ-1°C
    エドワード・スノーデン

    欧州議会 EUにスノーデン氏に対する迫害を止めるよう呼びかける

    © East News/ Courtesy Everett Collection
    政治
    短縮 URL
    11120270

    欧州議会は29日、ストラスブールで開かれた本会議で、米中央情報局の元職員エドワード・スノーデン氏に対する「なにがしかの迫害」を止めるよう、EU諸国に呼びかける決議を賛成多数で可決した。欧州議会の広報担当者が、リア・ノーヴォスチ通信に伝えた。

    広報担当者によると、欧州議会は、EU諸国に「危険に関する情報提供者および国際的な人権擁護家としてのスノーデン氏のステータスを認める印として、スノーデン氏に対するなにがしかの迫害を止め、同氏を庇護し、スノーデン氏の引き渡し、あるいは第3国へ送り戻すのを防ぐこと」を呼びかけた。

    スノーデン氏は2013年、米国家安全保障局が、EU諸国の市民だけでなく、欧州の一連のリーダーに対しても大規模な監視を行っていたとする情報を暴露した。

     

     

    関連:

    露大統領報道官「スノーデン氏がロシアを批判しても、それは正常なこと」
    スノーデン氏、ロシアを去るつもりはなし
    「忘れることも、許すこともしない」 米国 スノーデン氏の恩赦を求める市民請願を却下
    米当局 スノーデン氏に刑期を30年から3年に減らす可能性を示し帰国を勧める!?
    スノーデン氏、「カスペルスキー」への米スパイ行為を暴露
    タグ
    エドワード・スノーデン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント