02:22 2017年11月22日
東京+ 4°C
モスクワ+ 0°C
    シリア正常化交渉、数週間内の停戦で合意

    ラヴロフ外相:露米の課題はISによるシリア政権奪取を防ぐこと

    © AFP 2017/ JOE KLAMAR
    政治
    短縮 URL
    対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
    0 28390

    ウィーンで昨日、ロシア、米国、サウジアラビア、トルコによる、シリア問題を話し合う会議が開かれた。会談後、ロシアのラヴロフ外相、米国のケリー国務長官、国連のミストゥラ・シリア問題担当特使が会見を開いた。

    その中でラヴロフ外相は、交渉参加国はテロリストがシリアの政権を奪取することを防ぐ、と述べた。

    「ジョン(・ケリー米国務長官)はシリアの現状について詳しく語ってくれた。シリアの民衆がどれほどの惨苦を舐めているか。いかほどの血が流されたか。どれほど多くが生まれ育った家を追われたか。こうした状況に終止符をうち、テロリストがシリアの政権を奪取することを防がねばならない」とラヴロフ外相。

    ラヴロフ外相はまた、露米の課題は「イスラム国(IS)」がシリアまたはいずれかの国の政権を奪取することを防ぐことだ、と強調した。

    「露米には共通の敵がいる。この敵がシリアであれどこであれ、国家権力を奪取することを阻まねばならない」。ラヴロフ外相が述べた。

    トピック
    対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
    タグ
    セルゲイ・ラブロフ, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント