21:17 2018年11月14日
ラヴロフ外相:アサド氏の去就はシリア国民が決める

ラヴロフ外相:アサド氏の去就はシリア国民が決める

© AP Photo / SANA
政治
短縮 URL
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
1180

ロシアはシリアのアサド大統領の即時退陣を求めてはいない。その去就はシリア国民が決めることだ。金曜開かれたシリア問題に関するウィーン会合後の会見で、ラヴロフ外相が述べた。

「アサド氏は辞任すべきだとも、アサド氏は留任すべきだとも言っていない。アサド氏の去就はシリア国民が決める、と言っている。シリアの未来はことごとく、シリア国民が決めるのだ」とラヴロフ外相。

同様の内容が今回の会合で採択されたコミュニケの第8項に記されている。

トピック
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
タグ
セルゲイ・ラブロフ, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント