21:17 2018年11月14日
米国のカーター国防長官

カーター氏、沖縄米軍基地の移設作業再開を歓迎

© AP Photo / Manish Swarup
政治
短縮 URL
0 214

米国のアシュトン・カーター国防長官は沖縄県南部の辺野古地区における米軍普天間基地移設のための沿岸部埋め立て作業の再開を歓迎した。

「日本政府が普天間基地移設計画に忠実であること、また日本政府がその実現に前向きであることを高く評価している」とカーター氏。

先週の10月29日、防衛省の沖縄県担当局は普天間基地移設のための辺野古地区の沿岸部埋め立て作業を再開した。普天間基地は世界一危険な空軍基地の一つとされる。人口密集地に近く、付近には学校もあるためである。

関連:

沖縄でサーファー サメに襲われる
沖縄県知事、米軍基地移設許可を取り消し
民主党沖縄県連・花城代表「沖縄県民は日米両政府に、たらい回しにされている」
沖縄県 国連に米軍基地移設問題への介入を要請
沖縄周辺が再燃
タグ
沖縄
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント