12:34 2018年11月17日
日韓首脳会談 過去の対立解消を試みる

日韓首脳会談 過去の対立解消を試みる

© AFP 2018 / Jung Yeon-Je
政治
短縮 URL
123

2日、韓国のソウルで、日本による朝鮮半島の植民地支配(1910-1945年)に関する対立を解消するための試みとして、安倍首相と朴大統領との初の日韓首脳会談が行われた。

日本と韓国のマスコミによると、会談は初め両首脳が一対一で行い、その後、拡大会合に移ったという。

聯合ニュースによると、朴大統領は拡大会合の冒頭で、「私は外交では信頼を最も重要と考える」と述べ、「今回の会談が歴史の痛みを癒やせる大局的で心のこもった会談となり、両国関係を発展していく大切な機会になることを期待する」と強調した。

会談では特に、第二次世界大戦時の旧日本軍による慰安婦問題について協議された。韓国のマスコミによると、一対一で行われた首脳会談の最初の部分は、この慰安婦問題がテーマになったという。

共同通信によると、安倍首相は首脳会談で、「未来志向の日韓関係の新たな時代を築くため、朴大統領と努力したい」と述べた。また安倍首相は、会談後、記者団に「未来志向の協力関係を構築する上で、将来世代に障害を残すことがあってはならない」と述べたという。

 

 

関連:

日中韓、協力再開を宣言
タグ
日本, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント