17:13 2017年11月18日
東京+ 12°C
モスクワ+ 2°C
    ケリー米国務長官

    米国 ロシアと中国に対し、TPPへの参加を呼びかける

    © AP Photo/ Pool photo via AP
    政治
    短縮 URL
    420381316

    米国のケリー国務長官は、ロシアと中国が開かれた協力を行う用意があるならば、米国は両国に対し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加を呼びかけると発表した。

    ケリー国務長官は、テレビ局「ミール」のインタビューで、次のように語った-

    「我々は、例えば、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)など、様々な取り組みへの参加を人々に呼びかけている。私たちは、基準を高め、高い基準に従って生活し、人々を保護し、透明性で、責任のある、開かれた協力を行うことに同意するならば、中国も招き、ロシアも招き、参加を望む他の国々も招く」。

    TPPは10月5日に大筋合意に達した。TPPの枠内でアジア太平洋地域の自由貿易圏が構築される。TPP参加国は、世界のGDPの約40パーセント、世界の全貿易額の3分の1を占めることになる。参加国は、米国、カナダ、メキシコ、ペルー、チリ、日本、マレーシア、ブルネイ、シンガポール、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド。

    なおオバマ米大統領は、TPPについてコメントし、中国の経済的影響力の高まりに対するある種の返答であり、TPPはこれに対抗すると述べている。

     

     

     

    関連:

    「ウィキリークス」:TPPは巨大製薬会社による市場独占をもたらす恐れあり
    中国人専門家:「TPPプロジェクトの矛盾は日米問題だけに留まらない」
    甘利経産相、TPP協議の遅れに憂慮
    TPP合意は国営企業に民間企業と同様に行動する義務を負わせる– Wikileaks
    TPP:米国の世界覇権に向けたさらなる一歩?
    タグ
    TPP
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント