04:35 2017年09月22日
東京+ 21°C
モスクワ+ 11°C
    ラヴロフ外相:アサド退陣でシリア問題が解決されるなどと考えるのはユートピア

    ラヴロフ外相、外交プレーヤーの課題はシリアの当事者らを交渉の席に着かせること

    © Sputnik/ Grigoriy Sisoev
    政治
    短縮 URL
    122180

    ラヴロフ外相、外交プレーヤーの課題はシリアの当事者らを交渉の席に着かせること

    ロシアはシリア問題についてのウィーンのフォーマットの強化を望んでいる。4日、ラヴロフ外相は国連のデミストラ特使との交渉を開始するにあたって、こうした声明を表した。

    「ウィーンでの会談から日が浅いうちに、このプロセスを前に進めることについて、会談で合意に達した規定について意見交換ができることを我々は嬉しく思う。のウィーンの会談はほぼ理想的で時期を得たフォーマットとなった。我々はその強化を望む。」

    「外交プレーヤーの課題は、自国と国民に対する配慮を土台にし、シリアの当事者らを交渉の席に着かせることだ。」

    タグ
    セルゲイ・ラブロフ, シリア, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント