10:30 2021年03月09日
政治
短縮 URL
0 102
でフォローする

キューバのラウル・カストロ議長は2018年2月の選挙に出馬しない意向を示した。人民はもう自分に飽きただろう、とカストロ氏。

メキシコ公式訪問中の突然の引退宣言だ。もし84歳の自分が続投すれば人民は自分に飽きてしまうだろう、と同氏。

「私は曾祖父にも曾孫にもならない。人民が私に疲れてしまうだろう。我が党の最後の大会でも言ったし、5年の任期を最初に任された時にも言ったが、2018年2月24日の選挙には出馬しない。退陣する」とラウル・カストロ氏。

タグ
キューバ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント