04:13 2017年11月22日
東京+ 5°C
モスクワ+ 0°C
    スプートニク世論調査:NATOの司令部設置は欧州の安全保障にどんな影響を与える?

    スプートニク世論調査:NATOの司令部設置は欧州の安全保障にどんな影響を与える?

    © Sputnik/ Vasily Raksha
    政治
    短縮 URL
    0 398100

    英国の調査会社「ポピュラス(Populus)」が、国際情報通信社・ラジオ「スプートニク」の依頼で実施した世論調査「スプートニク・オピニオン」によると、ドイツ人の5人に1人(21パーセント)が、ドイツにNATOの司令部が設置される可能性を受けて、国の安全保障を危惧していることが分かった。

    またブルガリアでは、国民の約3分の1(32パーセント)が、NATOの計画に反対しており、東欧にNATOの新たな司令部が設置されることで東欧諸国の安全保障が著しく低下すると考えている。

    なお欧州諸国の中で、欧州におけるNATOのプレゼンスと、それに関連した安全性の向上に賛成する人が最も多かったのはポーランドで、約半数の住民(49パーセント)が、欧州にNATOの司令部が設置されることを歓迎していることが分かった。なおハンガリーも賛成の割合が高く、38パーセントだった。

    欧州にNATOの基地が存在することを支持していると思われる人々の中には米国人も含まれており、42パーセントの米国市民が、NATOの司令部は欧州の安全保障を高めると考えている。

    また欧州の安全保障の確保という視点から見た場合、NATOの軍事基地は何も変化を生じさせないと考える人たちの割合も高く、「NATO司令部の設置は、欧州の安全保障にどんな影響を与えるか?」との問いに、回答者の28パーセントが、NATOの司令部設置が地域情勢に影響を与えることはないとの考えを表した。なおこのような回答した人は、フランスで33パーセント、ドイツで34パーセント、チェコで31パーセントだった。英国は、回答できなかった人の割合が最も高く、27パーセントが「分からない」と答えた。

    世論調査は、2015年9月25日から10月15日にかけて「ポピュラス」社によって実施された。米国、ドイツ、フランス、ブルガリア、ハンガリー、チェコ、ポーランドで1000人ずつ、計8000人を対象に、年齢別・性別・居住地別のバランスを考慮して行われた。世論調査データの信頼区間は95%で誤差は±3.1%。

    プロジェクト「スプートニク・オピニオン」について

    国際的な世論調査プロジェクト。2015年1月からスタート。パートナーは英国の調査会社「ポプラ」社。「スプートニク・オピニオン」の枠内で、欧米各国で最もアクチュアルな社会、政治問題について定期的な世論調査が実施されている。

    タグ
    EU, NATO, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント