12:30 2018年11月17日
ウィーン

マスコミ報道、シリアについて多方面の代表者会議が14日、ウィーンで

© Sputnik / Alexei Danichev
政治
短縮 URL
170

シリア情勢およびシリアの紛争調整の今後の歩みを20カ国からの多方面の参加者で話し合う会議が14日、ウィーンで行われる。ウォールストリート・ジャーナル紙が報じた。

テーマにはシリアの政治的移行と休戦のほか、反体制グループの中でも今後、国の政治活動にアクセル権を得るグループとテロリストのカテゴリーに入るものとを分けて列挙する作業が入っている。

これまでの会議で交渉参加者らの間では、シリアは統一され、「IS(イスラム国)」は排除されねばならないことで意見が一致している。

関連:

シリア、ロシア航空隊が2昼夜でテロリストの277の施設を空爆
シリア軍、クヴェイリス空港の2年以上の封鎖を解く
シリア、ラタキヤ市中心に武装戦闘員のミサイルが落下(ビデオ)
プーチン大統領:シリアでの作戦はロシア軍の戦闘準備態勢の向上を証明している
田中伸男氏:「シリア不安定化で露日のエネルギー協力の重要性増した」
露米の戦闘機 シリア上空で対面?
ロシア空軍、シリアでISの標的をコンクリート貫通爆弾にて破壊
タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント