08:34 2020年12月06日
政治
短縮 URL
0 17
でフォローする

オランド仏大統領は、露米の参加する広範な国際連合軍であればテロ組織「IS(イスラム国)」に決定的な打撃を与えることが可能だという声明を表した。

オランド大統領は仏諸都市の市長を集めた会議で演説し、「来週火曜、私はワシントンへ、木曜はモスクワに赴き、バラク・オバマ氏、ウラジーミル・プーチン氏と我々の努力を協調し、この目的(ISに勝利すること)を最短時間で達成するため共に作業を行うことを話し合う。我々は決定的な打撃を与えることのできる広範な連合軍を形成せねばならない」と語った。

タグ
フランソワ・オランド, シリア, フランス, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント