02:27 2017年11月22日
東京+ 4°C
モスクワ+ 0°C
    米上院の公聴会でロシアメディアに「追いつく」方法について協議される

    米上院の公聴会でロシアメディアに「追いつく」方法について協議される

    © Flickr/ Newspaper Club
    政治
    短縮 URL
    230707

    米国のマスメディアは、ロシアをはじめとした外国のライバルに追いつき、情報空間でそれらのライバルと競争できる状態になるために、視聴者を獲得するための新たな手段や方法を開発する必要がある。「ラジオの国際放送改革案」に関する米上院外交委員会の公聴会で、議員たちが発表した。

    議員たちは、ロシアの通信社「Sputnik News」、「RT」、「Ruptly」、「ロシア・セヴォードニャ」などと競争するために、ロシアで情報チャンネルの数を増やす必要があるとの見方を表している。

    上院議員のケネス・ワインスタイン氏は、世界で米国メディアの影響力を強めるためには、まず情報空間でロシアにしっかりと「返報」する必要があるとの考えを示した。

    米国の国際放送を監督する評議会は、ウクライナ危機が始まった2014年2月から、米国が制作した番組の数を地域で急増させた。「ボイス・オブ・アメリカ」や「ラジオ・リバティ」では、ウクライナ、ロシア、その他の旧ソ連諸国で新たなリスナーを獲得するために、様々なメディアプラットフォームでロシア語、ウクライナ語、その他の言語による新番組が35本まで拡大された。

    またワインスタイン氏は、「RT」や「中国中央テレビ」、中東の「アルジャジーラ」などには、米国を含み、今もたくさんのファンがいると指摘した。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント