11:31 2018年07月16日
オランド大統領

フランスは2016年の五輪を前にブラジルとテロ対策の経験を共有する

© Sputnik / Gonzalo Fuentes
政治
短縮 URL
0 31

フランスはブラジルに諜報機関が入手した潜在的テロの脅威に関する情報を譲渡する。リオデジャネイロで開催される2016年の夏季五輪を念頭に置いての決定。両国外相が22日に開いた共同記者会見で発表された。ロイター通信が伝えた。

フランスのファビウス外相によれば、13日夜のパリ連続テロのような攻撃は世界のいかなる場所でも発生しえる。よって、テロ対策の戦術は、国際的なものにならなければならない。

対してブラジルのビエイラ外相は、「大臣は情報と経験の交換を提案してくれた。ブラジル政府は非常に歓迎している」と述べた。

ブラジル側の外交筋の情報としてロイターが伝えたところでは、欧州諸国は五輪のテロに対する安全性を憂慮している。

リオデジャネイロ五輪は8月5-21日の開催。南米で開催される初の五輪となる。スポーツ選手1万人の参加が予定される。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント