14:19 2021年05月18日
政治
短縮 URL
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
2140
でフォローする

キプロス正教会人権センターは、キプロスのアナスタシアディス大統領に対し、同国内にロシアの軍事基地を置く可能性について検討するよう求めた。新聞「イズヴェスチヤ」が報じた。

人権センターのマリウス・フォティウ代表は「EU加盟国であるキプロスは、シリアのすぐ近くに位置していることから、国内で、テロが起きる可能性が他の国々に比べ高い。そのためセンターの活動家達は、キプロス領内にロシア連邦軍の艦隊及び航空宇宙軍部隊の一部を『誘致』してはどうかと提案している」と伝えた。

センターの人権活動家達は「テロとの戦いにおいてNATOの努力は、十分な成果を生んでいないが、ロシアは幾度となく、欧州において、平和愛好、正義及び自由擁護の諸原則を示してきた」と考えている。

キプロス正教会人権センターは、「ロシア軍基地誘致」を求める署名集めを始めているが、新聞「イズヴェスチヤ」は「NATO加盟国であるキプロスにロシア軍基地が置かれる可能性は、事実上ゼロだ」と指摘している。

トピック
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
タグ
シリア, ロシア, キプロス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント