00:30 2018年02月26日
東京+ 5°C
モスクワ-13°C
    オバマ大統領

    オバマ大統領 英国のシリアでの「DAESH(IS)」空爆承認を歓迎

    © AP Photo/ Susan Walsh
    政治
    短縮 URL
    106

    オバマ米大統領は、英国議会がシリアにおける「DAESH(IS)」(アラブ語で「ダーイシュ」)に対する空爆を承認したことを受け、歓迎する意向を表明した。

    ホワイトハウスはオバマ大統領の声明として、次のように発表した‐
    「米国はシリアおよびイラクにおける『IS(イスラム国)』との戦いに関するあらゆるパートナーの尽力を心から歓迎しており、私は英国とドイツが承認した措置に賛成する。これらの措置は、我々の団結と決意を示している」。
    2日夜、英国議会はシリアでの「DAESH(IS)」に対する空爆を承認した。
    先にドイツ政府は、ドイツ軍がISとの戦いを支援することを決定した。
    テロ組織「DAESH(IS)」(アラブ語で「ダーイシュ」)は、こんにち世界の安全保障を脅かす主要問題の一つとなっている。ISは3年間でイラクとシリアの大部分を占拠したほか、リビアなどの北アフリカ諸国でも影響力を拡大しようとしている。

     

     

    関連:

    シリアの「イスラム国(IS)」が後退を開始
    シリアにおける「IS(イスラム国)」の拠点に対するロシアの空爆
    ラヴロフ外相:反「イスラム国」連合の参加者は、優先するものを決めなければならない
    トルコ首相「アンカラのテロ事件には『イスラム国』が関与した可能性が高い」
    ロシア国防省:「イスラム国」戦闘員内でのパニック拡大
    タグ
    シリア, 英国, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント