10:27 2018年06月20日
トルコ人医師、エルドアンとゴラムを比較して禁固刑の恐れ

トルコ人医師、エルドアンとゴラムを比較して禁固刑の恐れ

Ruben Diaz
政治
短縮 URL
0 415

トルコの都市アイディンで進行中の裁判が大きな注目を集めている。トルコ人の医師、ブルギン・チフチ氏はトルコのエルドアン大統領を侮辱した罪で裁かれている。10月、チフチ氏は自身のツィッターで映画「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラム(日本ではゴクリで知られる)が写った場面にエルドアン大統領の写真を入れ込んで公開した。トルコの日刊紙「トゥデイズ・ザマン」が報じた。

現在、ツィッターからこの写真は削除されているが、外国のジャーナリストらは保存に間に合った。

チフチ氏には2年の禁固刑が科せられる恐れがある。チフチ氏は起訴後、国立社会健康研究所の職を解かれた。ところがおかしなことに、この裁判に参列している裁判官は誰一人として「ロード・オブ・ザ・リング」も見ておらず、ゴラムが一体誰なのかも知らない。

チフチ氏の擁護側は伝説上の生き物、つまりゴラムは否定的な人物ではなく、エルドアン氏と比較しようが何の侮辱的なことはないと主張している。公開写真がエルドアン大統領に道徳上の損害を与える度合いを判断するため、裁判には心理学、映画の両分野の専門家2人を参加させざるを得なくなった。

統計によれば2014年8月から2015年3月までの期間、エルドアン大統領を侮辱したとして105人に嫌疑がかけられている。

タグ
トルコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント