17:07 2018年10月19日
ジークマル・ガブリエル

ドイツ副首相、欧米とロシアの関係正常化を訴える

© AFP 2018 / Odd Andersen
政治
短縮 URL
0 191

ドイツ経済エネルギー省の大臣で副首相のジークマル・ガブリエル氏は対ロシア関係「解凍」を支持する発言を行った。

「ロシアとの関係の冷え込みの時期を終らせることに賛成だ」。ビルト・アム・ゾンターク紙のインタビューで述べた。

同氏はまた、G8からロシアを排除するのは短慮だった、と付け加えた。「ロシアが第一にウクライナ危機解決のためのミンスク合意を順守するべきであることはもちろんだが、長期的には、ロシアをG8から排除したままプーチンに紛争の解決を求めるのは無意味だ」と同氏。

先にドイツのシュタインマイエル外相は同紙のインタビューで、ロシアがシリア紛争やウクライナ問題の解決で欧米と全面的に協力をし、一定の条件を満たせば、ロシアにはG8復帰のチャンスがある、と述べた。

ロシアと欧米の関係はウクライナ問題で悪化した。2014年7月末、EUと米国はロシア経済の一連の部門およびロシアの公人・法人に対して制裁を導入、ロシアはこれに対し制裁導入国からの農産品禁輸を行った。2015年6月、対ロ制裁の延長に対して、ロシアは2016年8月5日まで農産品禁輸を一年延長した。

タグ
ドイツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント