09:43 2020年08月04日
政治
短縮 URL
7883
でフォローする

ロシアのプーチン大統領は、欧州の主な問題は、EUがその主権の一部を米国へ譲り渡したことにあるとの考えを表した。

プーチン大統領は、テレビ「ロシア1」の放送で次のように語ったー

「欧州の問題は、欧州が独立した外交政策を行っていないことにある。大体において、欧州は本質的にそれを拒否した。そして自分の主権の一部、もしかしたら、自分の主権の中で最も重要な部分の一つを、ブロックに譲り渡した」。
プーチン大統領によると、欧州諸国は、民主主義に関する自分たちのイメージを機械的に他の国々に押し付けようとするべきではないという。

プーチン大統領は、次のように語ったー

「私は一年以上にわたって欧州や米国のたくさんのリーダーたちと交流している。そしてアフガニスタン、あるいはイラク、リビアなどで様々な作戦が始まった時、私の立場は常に、慎重に行動する必要があるというものだった。善や悪に関する自分たち独自の考えやイメージ、この場合は善や民主主義に関するものだが、これを自動的に、ただ機械的に、別の文化、別の宗教、別の伝統を持つ他の国や国民に押し付けてはならない」。

タグ
欧州, 露米関係, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント