12:47 2017年08月22日
東京+ 29°C
モスクワ+ 20°C
    10万人近くが避難、トルコ南・東部でクルドとトルコ軍の衝突続く

    10万人近くが避難、トルコ南・東部でクルドとトルコ軍の衝突続く

    © AFP 2017/ Ilyas Akengin
    政治
    短縮 URL
    11578018

    トルコ南・東部で、同国で活動が禁止されているクルド労働者党の戦闘員と治安維持機関との軍事衝突が激化し、およそ10万人が移住を余儀なくされた。24日、トルコ内務省のレポートをトルコの新聞「フリエット」紙が引用して報じた。

    トルコ南・東部のクルド人が住む一連の地域では政権によって戒厳令が宣言された。特にディヤルバクィル市スル地区、シルナク県のジズル市、シロピ市、マルディン県のヌサイビン市、ダルゲチト市では街頭で治安維持機関と党の戦闘員らの衝突が続いている。

    反テロ作戦作戦には軍、警察からおよそ1万人が加わり、居住区からクルド労働者党のメンバーを除去する掃討作戦を行い、堀を埋め、軍事機器の都市への侵入を阻むためにクルド人戦闘員らが地雷を埋めて築いたバリケードを撤去している。街頭では銃撃戦が集中的に続けられており、ここ8日間でクルド人側は168人、治安維持機関側には4人の死者が出ている。

    関連:

    露国防省、トルコはスホイ機殲滅が計画されたものであることを認めた
    ドイツ、トルコから自身の地対空ミサイル「パトリオット」を引き上げる
    トルコのサッカー選手、敵選手の頭をボールと間違える
    ダーイシュ(IS)元戦闘員:「トルコへの石油の販売で得た資金でダーイシュはあらゆる財政上の困難を解決することが出来た」
    ラヴロフ外相:トルコ政府との関係悪化はトルコ国民には及ばない
    タグ
    トルコ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント