05:21 2018年09月25日
岸田文雄

岸田外相、ラヴロフ露外相と北朝鮮の核実験について討議する意向

© AP Photo / Eugene Hoshiko
政治
短縮 URL
1537

日本の岸田外相はロシアのラヴロフ外相と中国の王外相に電話をかけ、個人的に、北朝鮮に対する制裁の必要性を訴える意向だ。

「中露の外相と電話で話したいのだが、来週初めになりそうだ。特に北朝鮮に大きな影響力を持っている中国の役割は重大だ」。土曜の会見で述べた。

北朝鮮は、モスクワ時間で6日午前4時30分に初の水爆実験を実施したと発表した。北朝鮮は以前、水爆保有を示唆していた。韓国や日本をはじめとした近隣諸国は、世界に対して注意を喚起し、対北朝鮮追加制裁などの措置を取ると強調した。

なお、水爆実験が成功したと発表した北朝鮮側は、米国から自国を守るために核兵器の開発を始めたと指摘し、北朝鮮の主権が侵害されない限り、核兵器を先に使用することはないと説明した。 北朝鮮は、2005年に自ら核保有国であることを発表した。北朝鮮は2006年、2009年、2013年に地下核実験を実施し、国際社会から強い抗議を呼んだ。

国連安保理は北朝鮮による核実験を受け、北朝鮮に対して核分野における活動の停止を求める一連の決議を採択した。決議第1718号および第1874号では、制裁の他に、北朝鮮に核実験や弾道ミサイルの発射を実施しないことや、朝鮮半島の非核化に関する協議への復帰も要求されている。

関連:

北朝鮮テレビ、潜水艦発射式弾道ミサイル発射の様子を放送(動画)
日本、北朝鮮との境界付近におけるプロパガンダ放送の激化を危惧
北朝鮮でK-popが鳴り響く
韓国政府、北朝鮮との共同開発地域である開城市への韓国人の通行を制限する
プーチン大統領 北朝鮮が発表した水爆実験に関するデータの調査を指示
ロシア外務省 北朝鮮が発表した水爆実験についてコメント
ロシア議員:北朝鮮の世界からの孤立が、同国をよい方向に導くことはない
北朝鮮が水爆実験  近隣諸国は世界に対して注意を喚起
タグ
日本, 北朝鮮, 中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント