13:14 2021年10月17日
政治
短縮 URL
2715
でフォローする

元FSB(ロシア連邦保安庁)職員アレクサンドル・リトヴィネンコ氏の死は政治的陰謀であるとする英国裁判所の報告書およびその公表は英露関係を悪化させる。ロシア外務省のマリヤ・ザハロワ報道官が述べた。

「純粋な刑事事件が政治化され、両国関係の空気を曇らせることを遺憾に思う」と報道官。

21日公表された報告書によれば、リトヴィネンコ氏の死について有責なのはドミートリイ・コフトゥンとアンドレイ・ルゴヴォイの両名であり、この二人はロシア指導部の承認のもとに行動していたと「思しい」。なお、一部の捜査資料は公表されない。それは英国の諜報機関から入手した情報だからだという。

ロシア政府に近い消息筋の情報としてリア・ノーヴォスチが伝えたところでは、報告書の公表は英露関係に「深刻な被害をもたらす」という。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント