22:50 2021年05月18日
政治
短縮 URL
207
でフォローする

ダーイシュ(IS、イスラム国、ロシアで活動が禁止されている組織)対策についてロシアと国際有志連合が協調することは、ただ両者の目標が一致した場合にのみあり得る。フランスのル・ドリアン国防相がパリで開かれた反ダーイシュ7カ国国防大臣会合後の会見で述べた。

「両者で目標がはっきり定まった場合にのみ協調は可能となる」

「ダーイシュとの戦いはダーイシュとの戦いである」と国防相。

パリで20日、フランス、イギリス、ドイツ、イタリア、オーストラリア、オランダ、米国の国防大臣が、ダーイシュとの取り組みについて討議した。

関連:

露米、シリア、イラク情勢について立場を一致
シリア 戦闘員の基地から化学兵器用の設備見つかる
シリア、イラクの「ダーイシュ(IS)」は臓器売買に着手、露外務省
ショイグ国防相、シリア、イラクのテロリストが中央アジアに潜入の恐れ
タグ
フランス, ロシア, シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント