21:54 2017年09月20日
東京+ 25°C
モスクワ+ 16°C
    ロシア、平等かつ互恵的基盤で欧米と協力の構え

    ロシア、欧米と協力は可、ただし平等、互恵であれば

    © REUTERS/ Francois Lenoir
    政治
    短縮 URL
    2402130

    ロシアは欧米と平等で互恵的基盤に立つ協力を行う構え。26日、ラヴロフ外相は記者会見でこうした声明を表した。

    「我々の一貫した路線は昨年、我々のパートナーらの対立政策がご存知のとおりの出費を重ね、国際問題が拡大したことと並んで、国際社会の全ての参加者らの間に、危機的状況からの脱却策を共に模索するためには広範な協力を行う以外、他に代替の余地がないことへの理解を促した。」

    ラヴロフ外相はこう述べた一方で、「プロセスの進展は迅速ではない」ことも認識している。

    「ロシア抑制の試みは惰性で続けられている。この路線はもうかなり前にお蔵入りしていなければならないものだが、未だに一方だけに利益があがるように、また独自の外交政策がゆえにロシアを罰しようとまでする試みが続けられている。」

    ラヴロフ外相は、ロシアは欧米とは最も緊密で建設的協力を行う構えだと語っている。

    「欧米との協力の段階的な拡大に開いた姿勢をとっているものの、ただし互いの内政には関与せず、それぞれの原則的国益を敬い、平等で互恵的基盤に基づいての話だ。」

     

    関連:

    プーチン大統領 欧州の主な問題について語る
    米情報機関 EUで「魔女狩り」とロシア人工作員狩りに取り掛かる
    タグ
    欧州連合, セルゲイ・ラブロフ, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント