15:39 2019年08月19日
ロシアとASEAN:20年はほんの始まりに過ぎない

ロシアとASEAN:20年はほんの始まりに過ぎない

© Sputnik / Mikhail Tsyganov
政治
短縮 URL
2111

ロシアとASEANの協力の発展のために何より必要なのは、国レベルで政治的意思がはっきり示され、強固な経済的基盤を持つことだ。モスクワのリア・ノーヴォスチ本社で開催されたロシアのビジネスマンや学者らによる討論会で、以上の一致した見解が表明された。

5月中旬にロシアのソチで開催されるロシア-ASEANサミットは、両者の協力関係樹立20周年を祝うものであり、その成功に、今後の協力拡大への期待がかかる。今年はさらに、ASEAN諸国におけるロシア文化年、ロシアにおけるASEAN諸国文化年に指定されている。

ロシア科学アカデミー東洋学研究所東南アジア研究室のドミートリイ・モシャコフ室長は次のように語る。

「これは英断だと思う。ロシア出身のビジネスマンもASEAN出身のビジネスマンも時に、互いの文化、歴史、伝統に関する基本的知識が足りず、どうやってパートナー関係を樹立するか、仕事をともに行なっていくかわからない、ということが起こる。よく知っている場であれば、問題解決もずっと簡単になろうというものだ」。

ASEAN諸国の中でロシアで最もよく知られているのがベトナムである。それは対米戦争の際に我が国がベトナムに対して行なった支援のお陰であり、また、ベトナム国内で活躍しているロシアのエネルギー企業、石油・ガス企業その他のお陰である。しかし、小規模ではあれ、ベトナム以外の国にも、ロシア企業の進出は行なわれている。ロシア-ASEAN実務会議の常務取締役、ヴィクトル・タルシン氏は次のように述べた。

「先日インドネシアのカリマンタン島で『ロシア鉄道』のプロジェクトが始動した。285kmの鉄道、石炭の積荷用の海上ターミナル2港を建設するというものだ。

『カスペルスキー』プロジェクトの意義も大きい。電子機器に関しては、ASEANの全ての国で、ウィルス対策ソフト『カスペルスキー』が使われているのだ。先日はマレーシアに同社の代表部が開設された。企業向け複合的情報保護プログラムを販売するものだ。

ソチ・サミットまでに観光ポータルサイト『ラシャ-ASEAN-トレヴェル』がオープンする。これは、ASEAN諸国のロシア人観光客およびロシアのASEAN出身観光客向けのインフォメーション窓口となるものだ。

これらは皆、個別の、非国営企業のプロジェクトであるが、大手国営企業の効果的参入もまた不可欠だ。『インテル・ラオ』や『インテル・ラオ・エクスポルト』が早期にインドネシアやマレーシアといった電力需要の高いASEAN諸国に注目してくれることを期待している。統一エネルギーシステムが構築される過程でASEAN諸国が通行ポイントを設置する際には、ロシアの経験が非常に参考になるだろう」。

今回の討論会では、ロシアとASEANの接近がもつ国際的側面にも注意が向けられた。一部諸国と中国との間の紛争は、ロシアとASEANの接近に悪影響を及ぼす、とモシャコフ氏。

「ASEAN諸国の多くにとって、ロシアと中国の協力、とりわけ軍事技術協力の拡大は、全く望ましくないものである。これは南シナ海における中国の立場にちなむものだ。しかしそのことがロシアと東南アジア諸国の接近にとっての障害になってはいけない。原理的な解法は、『バランスを見つけること』だ。ロシアは『あれも、これも』という政策を固守しなければならない。中国とASEAN、双方と関係を拡大していくのである」。

関連:

日本はロシアとの対話継続に意欲的
上月大使、ロシアのビジネス環境改善を評価
タグ
東南アジア諸国連合
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント