23:54 2021年05月18日
政治
短縮 URL
170
でフォローする

ロシアのラヴロフ外相と米国のケリー国務長官は13日、ミュンヘンでの会談で、シリアにおける停戦と人道支援実施について討議した。米国務省のジョン・カービー報道官が述べた。

「短時間の会談で両外相はシリア停戦の条件策定を目指した作業グループの必須課題実施および順守計画を討議した」

また「国連のもとに人道支援調整に関する作業グループを結成し」近日中に支援実施のために作業を行う方針を討議した。

タグ
露米関係, シリア, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント